夏休み アルバイト

スポンサードリンク

夏休みのアルバイト探し

夏休みのアルバイトは、求人情報誌かインターネットから探すのが簡単だと思います。
夏休みのアルバイト特集などと銘打って、求人情報誌では概ね5〜6月頃に特集を組みます。リゾート地のホテル・旅館やテーマパーク・遊園地といった観光地や集客力のある遊戯施設などが、繁忙期の夏休みに、アルバイトを期間限定で募集します。雑誌の丸々1冊が北海道から沖縄まで、夏休みのアルバイト募集記事で埋め尽くされているものもあります。目にとまった求人に付箋などをつけて後で見比べてから応募するのには雑誌が便利です。
夏休みのアルバイトと言ったキーワードを入れてインターネットで検索すると、たくさんのホームページがヒットします。アルバイトを夏休みに行うにあたっての職種や勤務地・報酬・休日・勤務時間などの希望を入力して検索すると、それらの諸条件に合致した求人が抽出され、さらにその中他の条件を入力して検索すると、自分の希望に近い求人が絞り込まれて表示されます。
インターネットでは、夏休みにその施設でアルバイトをした人の経験談や勤務の様子が画像で掲載されている場合もあり、雑誌よりもリアルに職場の雰囲気を感じ取ることができます。いずれにせよ定員になり次第締め切りになるので、アルバイトを夏休みに希望する人は早めに応募した方が得策であると言えるでしょう。

夏休みのオススメアルバイト

夏休みにアルバイトを考えている学生さんは、水族館や遊園地のアルバイトなどはいかがでしょうか。
水族館の仕事は切符切りやお客様の誘導・案内、ショーの前説、入場券の販売、電話対応、お土産や飲食物の販売などがあります。アルバイトとして夏休みに行う業務としては一般的な内容であると言えるのではないでしょうか。
夏休みのアルバイトに水族館を選ぶ人には動物好きの人も多いと思いますが、専門的な知識を必要としかつ熟練を要求される職種であることから、希望しても飼育係などを任されることは、まずないでしょう。獣医学部の学生などが研修時に補助的な業務につくことはあるようですが、夏休み時のアルバイトとして募集されることはまずなく、見て楽しむことができるにとどまります。
遊園地の仕事はお客様の案内や環境整備、アトラクション係、安全確認、チケット販売、チケット切り、物品・飲食物の販売、レストラン業務などです。夏休みの学生アルバイトでも慣れてくればアトラクション機械の操作などを任されることもあります。
夏休みのアルバイトは大量に必要と言っても、人気のテーマパークなどによってはその採用に高い基準を設けているところもあり、応募して即採用とはいかないこともあります。
水族館や遊園地でアルバイトを希望するのであれば、夏休みのアルバイト情報をこまめにチェックして、早期に応募して対応した方がよいと言えるでしょう。

プールで夏休みのアルバイト

夏休みのアルバイトの職種の中で定番と言えば、やはりプールの監視員ではないでしょうか。夏の暑い時期に利用が集中し、かつ期間限定でオープンする屋外施設も多いことから、夏休みにアルバイトの募集は急増することになります。
施設によっても様々ですが少しは水に入れてくれるところもあり、こんがり小麦色に焼けてハワイや沖縄まで行かなくても夏男・夏女になれることから、アルバイトを夏休みにするのならプールが一番と考える若者も多いようです。しかし、プール監視員の仕事は見た目ほど楽なものではなく、夏休みのアルバイトの中でもかなり体力のいる仕事の一つです。
プール監視員の主な仕事は、遊泳者の監視、プール・プールサイド・更衣室・トイレの清掃、落し物や紛失物への対応、負傷者や体調不良者の救護、迷子の対応など様々で、夏休みのアルバイトの中ではかなりのハードワークです。座って監視するだけとはいっても、屋外の炎天下は過酷で、夏休みに監視員のアルバイトをする場合は日焼け止めと帽子は必需品となります。時と場合によっては人の命を左右するので、普通救命講習会を受講し人工呼吸や心臓マッサージの方法を習得することが必要で、夏休みのアルバイトでプール監視員として働く場合、責任感を持ってプール全体を監視し続ける忍耐力と注意力、非常時には冷静に対応できる能力と知識が必要となります。

スポンサードリンク

夏休みのアルバイト@お役立ち情報メニュー

夏休みのアルバイト@お役立ち情報リンク